<保育の理念>

 社会福祉法人島地保育園は、児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行う。保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進し、あわせて地域における家族援助を行う。

 なお、児童の福祉を積極的に進めるために、職員は豊かな愛情をもって接し、児童の処遇向上のため知識の修得と技術の向上に努める。

また家族援助のために常に社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発するものである。

 

<保育の基本方針>

 保育方針は「保育所保育指針」に依拠して、職員が保育に臨む基本的姿勢にあっては、子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重しプライバシーを保護することを第一義とする。また常に児童の最善の幸福を願うために、保護者から意見や要望があれば真摯に傾聴し、不明なところがあれば平易に説明をして、よりよい保育のために努力研鑽することを基本とする。

子どもの健康と安全を基本にして、保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。

子どもが健康安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を充分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。

豊かな人間性を持った子どもを育成する。

乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

 

<保育の目標>

体の力 心の力 学ぶ力を養い豊かな人間性を育てる

 

<保育の特徴> 

敬う心を育てる(仏参をする)

気持ちのいい挨拶がだれにでもできるよう習慣づける

基本的生活習慣を確立する。(生活のリズム≪6-8≫を確立)

植育、食育を重視した活動を保育に取り入れる

文字や数字や英語に興味を持つよう生活の中のあそびに意図的に取り入れる

自学自習で本来持っている可能性を引き出す保育をする(考えるような言葉をかける)

毎日、柔軟運動、かけっこをする

毎日、音楽に親しむ

お話に親しむ(園や家庭での読み聞かせ)

全クラス、連絡ノートで日々のお子様の様子を知らせる。

社会福祉法人島地保育園

山口県山口市徳地島地255-1